SF小説「広島へ帰る前に」第1巻

スポンサーリンク




 ニコラ・テスラに捧ぐ


小鹿は昔、一つのSF短編小説を書きました。
それは15年前です、当時会社の同僚に配布したところ、
けっこう好評を博した作品です。


スラスラ読めると思います、退屈しのぎになりますよ、
Webに載せるのも、人に読んでもらうのも15年ぶりです.



ガラケー時代、今では見られない15年前の流行が
色々出てきて驚くかも知れません。
よろしければどうぞお読みください(^ ^)


  SF短編小説「広島へ帰る前に」

この物語はフィクションであり
登場する団体名・個人名に心当たりがあれば
それは偶然の一致である。


タイトルに「広島」…とあるけど、
これは自分の故郷じゃない。
同じバイト先の、紺野君の故郷だ。


自分はこの会社に入って、まだ3ヶ月しか経っていない。
紺野君もまだ半年らしいけど・・。



休憩時間に携帯の出会いサイトを見ていたら、
紺野君が顔を寄せてきた。


「城戸(きど)さん、
 携帯サイトの女の子って、メール長続きします~?」


「ん~、続かない」・・とオレ。


 
そして紺野君に聞いてみた
「紺野君、彼女居てんの?」


彼は笑みを浮かべて、そして目は真剣に

「まだ…、でもそのずう~っと手前な子なら、居ます。
  ん~、けどまだ会ったことなくて、
   つぎ、広島に帰ったら、会う約束はしてるんです。」


「どんな子だい?」

 紺野君はボウズ頭だし地味な顔立ちなので、
 その彼女候補さんも、おとなしめだろうか?
 


「写メはないけど、プリクラならありますよ♪
 プリクラ帳に貼ってます。」…と紺野君

「へえー、プリあるんだぁ、見せて見せて!」


 紺野君がバッグに手を入れ、プリクラ帳を取り出した、
 近い将来の彼女(候補)のプリクラがある。


 
オレはうなった
「おォ~っ!」
 紺野君のイメージとはほぼ逆の、
 いまどきの可愛い小悪魔チックな女の子に驚いた。


プリクラ帳にある他の友達のプリも見たくなったので
オレはプリ帳を手に取って、見せてもらう事にした。


しかし…中に1枚だけ個性的な写真がある。


「なあ紺野君、これ変わった写真だね。
 なんかさ、大昔のファッションみたいだよなあ~、
 軍服みたいなの着てるしさ。」



それには紺野君も同意して
「ええ不思議なんですよ・・
 僕が貼ったんじゃないんです、誰が貼ったのかなぁ?
 それにこれ、僕じゃなくて、おじいさんの写真ですよ。」


「な、なぬっ!?コレ、紺野君じゃなかったの?
 紺野君のおじいさんの写真だったの?」


「・・ええ、そうなんですよ、そっくりでしょ(笑)」
 ~と紺野君


「まったく同じ顔だよね。」



紺野君はうなづいて、

「けど20歳のときに、原爆で亡くなったんです。

 でも奥さん…僕のおばあさんですね・・
 と子供、いわゆるうちの親父ですね・・
 は田舎に疎開してて、助かったそうです。」




「あ、そうなんだあ・・で、なぜこのプリ帳に
 おじいさんの写真があるの?」


彼はおでこにシワを寄せて、首を横に振った。

「分かりません、全然分からないっす。
 このプリ帳、人に貸したことも無いし、
 なんでこの写真が貼ってあんのか
 分かんないんスよ~


 それに、これ以外にも不思議なことが・・、
 僕が持ってたメモ帳も無くなってて、その代わりに、
 こんなメモ帳がかばんに入ってるんです。。。」


彼はかばんの中からメモ帳を取り出した、
オレはそのメモ帳を見せてもらった。




ページを開き、中を見ると、
なにやら鉛筆でメモが書かれている。


メモの書き方も独特だ、

「・・スルベシ」「・・ト、セス」
「・・ト、セリ」「・・ナリ。」


~などと、いかにも昔の文体だ。


しかしものすごく不思議である。
まるで昨日やおととい書いたような、
新鮮な筆跡なのだ、鉛筆のにおいまで残っている。


誰が何のために、
このメモ帳と紺野君のメモ帳を入れ替えたのか?・・





・・・あれから3日経った。


今日もマネキン工場の仕事はいそがしい。
オレと紺野君は毎日ここで、マネキン人形を作ってる。


人気アニメキャラも作るし、
洋服店用の上半身だけのや、全身マネキンも作っている。



ディズニーランドも盛況だし、
その周辺のデパートやブティックが大賑わいで注文が多い。


また上海・香港・マニラからも注文が増え、
残業続きなんだ。


ここ1週間は、ここ名古屋工場から
毎日、中国や東南アジアへ出荷してる。



いそがしいな、クタクタだ。
今日も仕事を終え、ロッカールームで着替えていると、
紺野君がビックリした顔でやってきた。


「城戸さん、名前が!!!・・」
彼が白い野球帽を差し出した。


そしてその裏がわを見せた。


「帽子の裏にマジックで僕の名前を書いてたのに・・
 今日みたら、下の名が変わってます!
 ”善次郎” になってる。」



彼は続けた、
「僕の名前を消した跡もない。
 いや、マジックで書いたから消すのは無理、
 苗字は紺野のままだけど、下の名だけ変わってます。」

拡大図 ▼

オレは彼に言った
「確かに紺野君の帽子かい?
この帽子、善次郎さんって人のじゃないの?」


すると彼は
「そう言われれば、苗字の字体も僕の書きグセと違う、
 おじいさんの帽子かも知れません。


 おじいさんは”善次郎”って名だったんです。
 あぁ、僕のと同じ帽子だ。」


 おじいさんは僕と同じ、広島の第5中学の出身なんです、
 だけど、同じ野球部出身だったなんて・・。」




いったい誰なんだ?
誰が、紺野君の帽子を入れ替えたのか・・?


オレはハッとした。
そして、あのメモ帳のことが気になった。


~先日、紺野君のメモ帳がなくなった代わりに
 入れ替わってたあのメモ帳。


「紺野君、こないだのメモ帳、いま持ってる?」



「あ、例のメモ帳っすか?ありますよ~」


「紺野君、そのメモ帳、貸してくれる?今日だけ」


「別に何日でもどうぞ~~。」


オレは着替え終わったあと、
ロッカールームに座って
メモ帳をパラパラとめくっていた。

 


最後のページにたどり着くと、こう書いてある。

写真ノ移動ニ成功セリ。
 モウ一度試験を行イ、4度目ハ実物ニテ完結


「これは紺野君が書いたの?」


「いいえ、違いますよ、
 ってか、このメモ帳には僕の字は一つもありません。」




彼は何が何だか分からず、首を横に振るだけだった。


紺野君と別れたあと、オレは公園のベンチに座り、
もう一度メモ帳をパラパラとめくり、読んでいた。


このメモ帳、どのページをめくっても、
文体が昔の書き方だ。。


・・戦時中みたいな文章なのだ、




それにしても、最後のページの記述がおかしい。


”写真ノ移動ニ成功セリ。
モウ一度試験を行イ、4度目ハ実物ニテ完結。”


これはどういう意味なんだ?
まず「写真ノ移動ニ・・」とある。
これはひょっとして、紺野君のプリクラ帳にあった、
例のおじいさんの写真の意味か・・?」




「4度目ハ実物ニテ完結・・」。。


そしてその文の下に、更に小さく書かれている。

フィラデルフィア実験デノ事故ハ
モウ起コラナイ。
似タ物同士を転移スル事デ、融合ヲ避ケル事ガ可能。


な、なんなんだ、フィラデルフィア実験って?
「融合」って何の融合だ?


よし、図書館で調べることにしよう。
・・そしてオレは図書館へ向かった。


~つづく・・
  ↓
「広島へ帰る前に」第2巻へ進む(*’ω’*)…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする