女性に対し自分の価値を下げてしまうセリフとその解決策

スポンサーリンク




 余計な一言で自分を安物にしていないか?


自分の価値を大幅に下げてしまう
破壊力ある言葉・態度があります。


◆自分がこれまでいかに不幸だったか
◆いかに恵まれてなかったか


女性の同情を誘うつもりがなくても
ついポロリと言ってしまいがちな
危険なセリフが数種あります。



  嬉しさを表現するつもりが…


自慢話で自分を大きく見せる行為は

●女性を退屈させ
●知能が低そうと思われ
●劣等感の裏返し?と思われる


そんな理由から
女性の前で自慢話は超NGなのですが


その逆で不幸自慢というのもあります。




彼女が優しくて人柄もよい、
そんな素敵な人だったら嬉しいですよね、


でも嬉しさを伝えるつもりが
不幸自慢にすり替わることがあります。


自分は不幸自慢するつもりはなくても
気が緩むと言ってしまうので注意して下さい。




で、そのセリフとは…


◆今まで優しい子と巡りあった事が
 なかったんだよ。

◆生きてて幸せだと思ったことは
 一度もなかった

◆今まで何度も女の子に騙されてさ

◆ホント女の子が
 信用できなくなってたんだ


それが事実であっても
決して言ってはなりませんよ。




聞いた相手はどう思うでしょうか?


彼女

★「ん?ぜんぜんモテなかったんだな」

★「相手のせいだけじゃなく
  自分にも非があったんじゃないの?」

★「この人、女性からまともに
  扱われてなかったんだ」

★「異性から好かれるタイプじゃないんだな」


~そんなことを彼女は考え始めます。


最悪の場合
  ↓

 付き合う価値ないのかも


と、彼女はあなたのことを
安物の商品のように感じ始めます。


なんで私はこんな男性と
付き合う必要があるんだろう?


~そんな心理に向かう危険性があるのです。



  励まされる側でなく励ます側になって下さい


上述のセリフは、
「男としての価値がなかったのでは?」

~とマイナスの印象を植え付けるだけでなく


精神的に未熟な印象を与えてしまいます。


過去の体験・感想を
素直に言ってるだけなのですが
思いっきり同情を誘うセリフにもなっています。




女性は

●精神的に男性に頼りたい存在です。
●同情するよりも同情されたい生きものです


だから男性の不幸自慢は
女性の夢とは逆の方向なのですね。


あなたはどうしたら良いのか?


簡単です。

●女性がらみの過去のつらい体験
●女性に関するトラブル


は一切話さないことです。



  昔も今も女性は、白馬の王子さまを求めている


「王子様を求めている」
と言っても誤解しないで下さい。


王子様モドキで良いのですよ、
彼女だって分かってます、
世の中そんな男は一人も居ないことを。




「演技でいいから王子さまで居てほしい」
「にせ王子さまで充分」

~昔も今も、女性はそう願っているんです。


めんどくさいなあ…と思うでしょ(^ ^)?
だけど女性とはそんな生きものなんです。
かわいいじゃないですか。




ではあなたは、どう演じれば良いのか?


決して過去の不幸話(特に女性がらみ)
を決してしない。
毎日、機嫌よく話して
機嫌よく生きている姿を見せる。

そして王子さまは、

★励まされる側でなく励ます側
★同情される側でなく同情する側
★慰められるよりも慰める側


そんなあなたで居ること。
コレ、お金もかからないし、
難しいことでもないでしょ?




明日から「にせ王子様」になりましょう。
   ↓
彼女にバレバレで全然いいのです
そこがポイントですよ。


それが、
女性が悠久の昔から求め続けている
頼れる王子さまの生きざまです。


今回は小鹿の嫌いな
精神論チックになってしまいましたが
好かれるための大事なことなので
書かせて頂きました。




お金つかって洋服で着飾るよりも
ずっと好かれ、効果もあるモテ手法です。


お金もかからないので
思う存分、実践できますよ
ヽ(。◕‿◕。)


明日から、いえ今日から…
   ↓
◎励ます側
◎慰める側
◎同情する側


の人間になってください。
逆側には決してならないことですよ。




彼女の前では緊張して
うまく実践できないかも…
と思ったなら


まずは職場・サークル・部活
・地域のコミュニティで
男性を相手に実践して下さい。


何度か練習を積めば
話し方、コツ、つぼが分かってきます。
男にもモテますから得しますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする