モテ男に絶対必要な「2大優しさ」

スポンサーリンク




  まずは基礎的な優しさを身に着ける


昔から恋愛マニュアルでは
  ↓
●優しい男はモテる
●いやモテない


~の水掛け論ですよね。


または、
普段はずうっと冷たいが
時たま与えられる優しさに
女性はうっとりする…


とか、抽象的で難しいテクニックが
言われております。




そんな小難しいことできませんし、
個々の女性の性格によって
求められている優しさも違います。


しかしまず、全女性から求められている
「基礎的なモテる優しさ」を押さえておく。

…その必要があります。

 

  これだけは絶対に必要な優しさとは?


まず、この記事の最初に
絶対にあなたが持っていなければならない
必須の「モテる優しさ」があります。


それは…

◆気の長い性格(短気とは正反対の性格)

◆自分のために怒らない性格
(あなたが嫌な思いをしたときに
 決して腹を立てない、怒らない)




上記の2つはモテる為に必須、当たり前です、


その2つを持っていなければ
他にどんな「優しさ」を持っていても
焼け石に水となります。


では今回の記事では、
大人なら持たなければならない
その基本2大優しさを紐解きます。



  気の長い性格


分かりやすく言うと
人格者になってください
…ということです。


あなたの会社や学校、町内会などで
決して怒らない「気の長い性格」の人って、
居ませんか?


かなり少数派ですが、居ますよね。




そしてあなたが困りごとで
相談したくなったら、
できるだけ「気の長い性格の人」
聞きに行きたくなりませんか?


どんな質問でも微笑んで答えてくれる
~そんな人のところへ行きたいでしょ?


なぜなら、

●怖くないから
●嫌な思いをしないから


~ですよね。




その人は自分から誘ってません、
面白い冗談を言うわけでもない、
お菓子をくれるわけでもありません。


だけど持ち前の「気の長さ」のおかげで
磁石のように、困ってる人を引き付ける。


すごい才能だと思いませんか?




自分から何もアクションしないのに
困ってる人、悩んでる人を
磁石のごとく引き寄せる。


「気が長い」というだけで
タダで、その才能が身に付きます。


あなたは会社・学校・町内会に居る
そんな人を観察し、真似て
その性格を自分のものにして下さい。


あなたは一切アピールしなくとも、
困ってる人・悩んでる人が相談にきます。



  自分のプライドを守るために怒らない性格


◆お店で無愛想な店員さんに接客されたとき

◆レストランで料理の味が不味かったとき

◆友人から嫌なことを言われたとき

◆彼女の言動が気に入らないとき


~に怒ったり腹を立てていないか?


上に書いた事例は、

◆「あなた自身ために」怒っている
◆自分の腹の虫が納まらないから怒っている
◆プライドが傷ついたから怒っている


~に過ぎず、もはや小5レベルです
 自分のプライドを守っているだけ。


器の小さい、小5並みな男の典型ですよね。




それならば、ややリスクが伴いますが

●友人・同僚・彼女が
 明らかに間違ったことをしたとき
 その人のために叱る


のほうが圧倒的に大人の男です。


自分のために怒らない、
人のためを思って注意する・叱る。


これが小5レベルの人格とは正反対の
大人の男として評価されます。


ちなみにさっきから小5小5と言ってますが
深い意味はありません。




この「相手のために叱る」行為、
   ↓
彼女がデートに遅れたときなど
それが彼女のためだと思っても
叱らないで下さい。


相手の受け取り方や性格によっては


デートに遅れたせいで
あなたが嫌な思いをしたから叱った…


と思われる可能性大です。
なので、叱ったり注意したりは
あなたが関わってない事案で叱って下さい。


さきほど、
「叱るのは、ややリスクあり」
…と言ったのはそのためです。


その注意事項さえ守れば、
彼女の胸に響きます。




ただ、非常に注意してもらいたいんですが、
叱るのは1~2ヶ月に1度にして下さい。


月に何度もやると
   ↓
「恐怖の説教男」
「地獄の説教おやじ」

になり、彼女に嫌われてしまいます。




今後、モテる男の優しさは何か…?
に関して話してゆきますが


今回はその基礎地盤である、
「絶対に必要な優しさ」について
説明いたいました。


今回お話した人格
   ↓
●気の長い性格
●自分のプライドの為に怒らない性格


~が身についていないと
 他のどんな優しさを披露しようと
 全くの無駄・効果ゼロになります。


絶対に自分のものにして下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする