リピーティングで彼女との距離を詰める

スポンサーリンク




  こちらも興味深く聞いてるよサイン

こんばんは、
深層心理研究室の小鹿です。


聞き手のヒアリング技術により
話し手の口からどんどん話題を
引き出すことが出来たなら…


何げない会話が知らぬ間に白熱し
話し手が紡ぎだす物語に身を乗り出し、


その終わりのない物語に
時間を忘れて浸ることが出来たなら…




今回は彼女との距離を近づけるために
心理学の応用「リピーティング」について
語りたいと思います。


この技術は

◆好き避け女性
◆一般女性

~その両者に提供することが出来ます。

  良い意味で「言葉尻を捕まえる」


心理学の世界では
バックトラッキングとも言われる手法。


しかし日本人にはピンと来ない名称なので
小鹿は「リピーティング」と呼んでいます。


リピーティングと言われただけで
何やるのかなんとなく予想つくでしょ(^ ^)?


一言で言えば「オウム返し」です。




例えば彼女との会話で…

彼女
「疲れたなあ」


あなた
「あそうなんだー」


~ではダメです、
 彼女が続きを話す可能性が
 50%になってしまいます。


なぜなら、

彼女に続きを話してもらうための
呼び水を送っていないからです。



  話し手も聞き手も楽しくなるリピーティング


以下のようにリピーティングして下さい。
   ↓

例1)

彼女
「昨日、うっとおしい人が居たの」

あなた
「どんなうっとおしい人が?」




例2)

彼女
「最近忙しくてさぁ~」

あなた
「忙しかったの?どんな用事で?」


と、そんな感じで
彼女が言った言葉尻をつかまえ、
リピーティングするんです。




この目的は…


1)彼女が言った語句を本人に再認識してもらう

2)君の話をちゃんと聞いてるよという合図

3)キャッチボール役の宣言

4)話し手の自尊心を満足させる

5)潤滑油を注ぎ、更に続きを話してもらう


~という理由からです。




リピーティング(バックトラッキング)、
話し手と向かい合ったとき
精神科医や心理カウンセラーは
必ず使わなければならない臨床技術です。


会話のプロローグ段階はもちろん、
話題が変わるたび、
彼女の言葉尻に着目し、
リピーティングを実施して下さい。




リピーティグしたときと
してないときでは
やはり会話の言葉数に大きな開きがあります。


上述の、1)~5)が効くのです。


それ以外にも不思議な現象が起こります。

   ↓

聞いているこっちまで
楽しく聞くことが出来るんです。




なぜならリピーティングをして
アンテナを彼女の話に向けることで
あなたは耳をそば立てることを余儀なくされ


聞き手であるあなたの心まで
”身を乗り出す”ような空気になるからです。


リピーティングは
訓練も勉強も要らずに
すぐに使える技術なため、


男友達や上司、家族、彼女には
毎回使ってほしい必須の心理技術です。



  リピーティングの応用


上述の2例では
彼女が言った語句をそのまま返す
オウム返しを伝えました。


基本であり、それだけで充分に
信頼を築ける効果があります。


でも更に応用編もありますので
ぜひ実施して下さい。


話し手が長く話して、その話が終わったあと
あなたはその話を要約して確認します。




彼女がお父さんの体の具合について
話していたのなら…


あなた

「そうなのか…昨日病院へ見舞いに行ったら
 まだ骨折部分がちゃんとくっついてなくて
 あと1ヶ月入院が延ばされる可能性が
 出てきたと…。


 だからお正月の家族旅行は
 お父さん抜きで行くか
 家族旅行そのものを辞めるか


~の2択になりそう……ということだよね?」
 

彼女

「そうそう、その通り、
 でさあ……(続く)」


とこんな具合に
あなたが一旦バトンを受け取り、
また彼女にバトンを戻す…


~という心地よい流れです。



  リピーティングの注意点2つ


注意点1


俺んちもこういう事があってさあ…と
あなたの事を長く話さないこと。


スパイス的に入れても良いですが
慣れるまでは入れないのが無難


入れるとしても、文字で例えるなら
1行か2行程度です。


あくまでもスポットライトは彼女の話です。




注意点2

短期的に信頼関係を築くのに効果的です。


リピーティングだけで
中期~長期的に信頼を築くのは無理ですから
これだけに頼らないこと。


小鹿の他の記事も読まれ、
多くの技術をあなたのものにして下さい。

良かったら下のランキングバナーを
クリックして下されば
嬉しく存じます(=^ー^=)
   ↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする