好き避け女性には、彼女の良い部分を真似るとフィーリングが合う

スポンサーリンク




  親近感を生む方法のひとつ


こんにちは、小鹿です
本日も訪問ありがとうございます


好き避け女性に好かれてるかも、
自分も彼女を気に入ってる。


でも自分は話題が少ない
…さて、何を話したらいいの?


そんなあなたが取るべき行動は…


訓練と研究が必要ですが
非常に好感を持たれ
身近に感じてもらえる方法があります。



  彼女のある行動を真似て下さい


あなたがさほど外交的でないほど
この能力は高くなります。


なぜなら内気な男性ほど
相手を観察する能力が高いんです。




「彼女のある行動を真似る」とは、
恋愛マニュアルで言われる
ミラーリングではありません。


ミラーリングというのは…


●相手が腕を組んだらこちらも組む

●向こうが足を組んだら自分も組む

●彼女がコップを手に取ったら
 自分も取る


などの同調性行為なのですが


そんなバレやすい危険な方法ではなく
もっと自然な方法です。



  彼女の口ぐせを真似る


異性のしぐさや口ぐせを自然な形で真似ると
同類感がひろがり親密度が増すことは
欧米における様々な臨床実験で立証されています。


あなたは彼女のちょっとした口ぐせや
言い回しを真似ます。


ただし、茶化すような真似はいけません。


彼女を萎縮させる恐れがありますので
絶対に茶化さないで下さい。



  やってはいけない口ぐせ


◆方言

 初期段階では
 間違っても方言は真似ないで下さい。


 彼女は恥ずかしい思いを抱き
 あなたと話す気力がなくなる
 可能性が高くなりますよ。




 相手は好き避け女性なのです、
 恥ずかしい思いをすると
 更にあなたを避けてしまうのはもちろん、


 デリカシーのない雑な人…と決め付けられ、
 嫌われる恐れもあります。


 ですから方言を真似てよいのは、
 交際がかなり深くなり、
 充分な信頼を得てからです。




◆周囲から笑われていると予想される口ぐせ

 「これ、よく突っ込まれてるだろうな」
 「よく笑われてるだろうな」

 と予想できる口ぐせも、真似ないで下さい
 彼女は漫才の「ボケ担当」ではないのです。


 気にしていた彼女は
 小バカにされたような気分になり
 会話を続ける気力が大幅ダウンします。




 あなたも、
 自分の口ぐせが笑いのネタにされたら
 気分悪いでしょ?


 繊細な好き避け女性は
 その数倍、嫌な気持ちになります。


なのであなたは、

 ●これ素敵だな、思えた口ぐせ
 ●きれいだな、と感じた口ぐせ

~を真似るわけです。
 こうして親近感・同類感
 を感じさせましょう。



  しぐさを真似る


恋愛マニュアルでよく言われる
ミラーリングはおすすめしません。


バレますし、
この男さっきからなに真似てんだろ?
と思われます。




真似て効果的なのは
先ほども申しましたように
「人から笑われていないクセ」です。


また、美しい動き、上品な動きなど
彼女が気にしていないクセも有効です。

真似て良いクセ一覧


◆数字を言うとき、
 いちいち指で数字を表現する

◆物を語るときよく指をさす

◆物を語るとき
 指でカタチを表現する

◆手を広げて表現しがち

◆自分のひざを叩くことが多い

◆首をときどき傾けて話す

◆あなたをのぞき込んで話がち

◆ときどき目を大きく見開く

◆よくVサインをする

◆指をパチンと鳴らす


他にもあるでしょうが
そうした

●格好いいクセ
●クールなしぐさ

~が見受けられるなら
 あなたは真似てください。




注意点

真似てます…ということがバレないよう
あくまでも自然に真似ます。


演技っぽくやらずに、

「私と似てる」
「この男、キャラが近いかも」
「なんか波長合う」

と思ってもらえる自然な真似
心がけてゆきます。




しぐさが似てることに
彼女が気づいてなくても全然OKです。


彼女の「意識」にバレないためには
   ↓
むしろ気づかれない方が良いほどです。


人間の深層心理(=無意識)は
天文学的な認知力・記憶力があり
あなたが彼女に気づかれずに真似たしぐさも
すべて認知し記憶します。


真似てることを意識が知った場合、
「あ、こいつ真似てる。変な男。」
と感じるだけですが、


片や無意識はプラス行為として捉えます。


「自分と同類・仲間」ということで
処理してくれる。
それが無意識のすごいところなのです。



  話すスピードを合わせる


彼女と同じ速度で話す。


例えば
 ↓
相手がゆっくり話しているのに
こちらが早く話すと
相手は「早く話さなきゃ」と焦ります。


彼女が早く話しているのに
あなたがゆっくり話せば
彼女は「ペースが合わないな」と感じます。


彼女と同じスピードで話す。


こうして自然な同調行為で
彼女にとってペースの合う人になってください。



  テンションを合わせる


これは簡単に出来ると思います。


彼女が暗い雰囲気で話すときは
あなたもしんみりとした雰囲気で
ゆっくりと話します。


彼女が陽気に話しているときには
あなたも同じように
テンション高く話します。




この同調行為も
「この男、波長が合うな」と彼女の
無意識に刷り込まれます。


この”テンション合わせ”は
今回のお話で最も簡単ですから
必ずおこなって下さいね!

  最後に注意点


女性をいじることで
親近感を持ってもらえる、仲良くなれる


という話を恋愛マニュアルでときどき見ます。


「いじる」というのは

◆からかう
◆突っ込む
◆下げる


といった行為ですね。


美人やかわいい子は
チヤホヤされる事に慣れているから
その逆の「いじる」ことで新鮮に思われ、
仲良くなれる。

…という、いじり行為。


軽はずみにやらないほうがいいですよ。




「いじる」という技術は
いじる側のキャラも重要になってきますし


いじられた側は
もしいじられた案件が
長年、気にしていたことだったなら


冗談で言われたと分かっていても
大いに傷つく子が居ます。


それが綺麗な子でもです、
傷つく=嫌われる …ですよ。




小鹿だって恥ずかしいことに
昔のモテなかった時代、

いじれば…

◆かっこいいと思われる
◆面白いやつと思われる

と勘違いし、男女関係なくいじっていました。
笑いがとれると思い込んで…。


それで多くの男女に、
避けられたり、嫌われた時代がありました。
だから「いじり」はやめた方がいいです。


あなたが
いじって楽しませる、笑わせる
というキャラでないなら
慣れないことはしないのが安全。




こんなことで距離を開けられるのも
馬鹿らしいですし、
一度あいた距離を縮めるのも大変です。


リスクを冒すよりも
初期段階は安全第一でいきます。


いじるのは相当仲良くなってからで!


良かったら下のバナーをクリック
して下さると嬉しいです(^ ^)
   ↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする