不利な形勢を逆転させる方法

スポンサーリンク




 形勢逆転への道


どうもこんにちは
小鹿です

今回も当ブログにお越しくださり
ありがとうございます。


今回は
あなたが美人モテ女性に対して
好きバレ満開しており、
彼女のほうは超余裕があるケース、




そして彼女はあなたを
恋愛対象とみていない


彼女にとってあなたは
ファンのうちの一人であり、
お飾り・ペットにすぎない存在




そんな不利な状況から
形勢逆転させる下克上について
話してみたいと思います。

  彼女に不安を与える


モテる女性には
ファンがたくさん居ます。


彼女にとってあなたは
召使い程度の引き立て役にすぎない。




そんなシチュエーションの中、
あなたがやるべき事は、


彼女に不安感を植え付けることです。


彼女の心理は

「男なんてたくさん居る
 あなたはその中の一人」


という余裕マインドです。




さてその状況で何をすればいいのか?

  ↓

あなたは女の影を漂わせます。

どうやって漂わせるんだよ小鹿!
他に親しい女の子なんか居ないよ


大丈夫です。
あなたに芝居を打ってもらいます。



  絶好のタイミングで着信が入る


あなたと彼女が食事、
あるいは会話しているとします。


例えば、レストランや喫茶店で
食事またはジュースを飲んで
楽しく会話している最中


あなたのスマホに電話が掛かります。




あなたは…

「はい、もしもし…
 …あっうん、ちょっと待ってね」


と電話先の相手に答えます。


そしてあなたは彼女に、

「ごめん、ちょっと待ってて」

と言って、レストランの外か
店内の端のほうへ歩いてゆき
電話の相手と話します。




会社や学校なら、廊下の隅とか。


2~3分話したあと、
あなたは席に戻り、
   ↓
「あ、ごめんごめん」
   ↓
何事もなかったかのように
会話または食事の続きを再開します。


そのモテ女性は
   ↓
「今の電話は誰からだったんだろう?」

と少しだけ気にはなります。




これを会うたびに何度も実施します。

いま私と一緒に居るこの男は
男友達の中の一人にすぎない

と余裕をかましている彼女ですが
モテ美人の彼女ですから
プライドは高いんです。


会ってあなたと話してるたび、
いつもあなたの携帯に着信がくる。




これがあるごとに…
   ↓
「今の電話、彼女かな?」


と、だんだん彼女は気になってきます。


あなたはまだ、恋愛対象ではありません、
しかし彼女はあなたを
「自分の所有物」だと思っています。


しかし繰り返される着信で
「自分のもの」ではない可能性が出てきた。


プライド高い彼女は、
あなたという召使い・ペットを失うのが
もったいない気持ちになります。




誤解しないで下さいね、
この時点ではまだ
あなた恋愛対象ではありません


しかしプライドの高い女性ほど
美人女性ほど
自分の所有物を失うのを怖がるんです。


「今のさ、何の電話?」

と悔しさ・不安感を悟られないように
サラっとあなたに聞いてきます。


そこであなたは
まったく気にも留めてない風に


「いやあ、ちょっと…」
と言うだけに留め、
まったく別の会話に移ります。




いつもこうして、はぐらかして下さい。


彼女は

●あなたとの食事の最中も
●会社や学校での会話の最中も
●また家に帰ってからも


~うっすらと気になっています。


そして「誰から?」と聞かれるたび


あなたは
「あ~、まあ会社の…」
「あ~何でもない…」
「バイト先の経理の人…」
「うん、ちょっとね…」


と一言だけではぐらかし、
その電話の話題から離れます。


そういうことを
何度か繰り返すうち、
   ↓
だんだん彼女は腹を立ててきます。




美人の彼女は余裕があるはず。
なのに、あなたに掛かってくる電話が
気になっているのです。


「この男はアタシのペット、
 もう一度取り返してやる」




面白いですよね~。
彼女はあなたの恋人でもなく
好きでもないはずです。


プライドの高い彼女は
自分の所有物である


どこにでも居る平凡な男
うだつの上がらない召使い

~を失うのが悔しくなってきました。


こうして、ペットに過ぎないあなたを
「男」として気になり始めます。

なんだよ小鹿!
そんないいタイミングで
俺に電話掛けてくる友人なんて
居るわけないだろっ!

大丈夫です、
「ウソ着信」を使うのですよ(∩ ∩)

  面白いウソ着信


何度もこうして偽の着信を実施して下さい。


あなたは彼女に安眠を与えません。


無料のスマホアプリですし
自分の電話番号登録なんてしないので
何の心配もいりません。


小鹿がアプリダウンロードしたのは
このタイプです。
 ↓



フェイク着信…というアプリ

着信画面も4種類から選べて



小鹿はこんなシンプルな感じで
作ってみました。
まるで本物でしょ(∩_∩)



着信音もいろいろ選べます
   ↓


興味あったら
にせ着信…と検索して下さい
色々出てきますよ。


上記のアプリ以外にも
たくさん出ているようです。


もちろん、
ウソ着信が入る時間もお好みで設定でき、


彼女との会話の最中に
絶好のタイミングで電話が掛かってきます。


正面から行っても勝てません、
弱者には弱者なりの戦い方があるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする