好きタイミングの違いを知る

スポンサーリンク




 惚れるスピード感は男女で大きく違う


こんにちは、小鹿です。
今日も深層心理研究室にご訪問
ありがとう御座います。


今回は、
男女の惚れるタイミングの差について解説し
その理解と調整方法を知ることで


あなたを
恋愛の世界で勝者に導く心構えを
語りたいと思います。



  男性のほうが圧倒的に早い段階で惚れてしまう


恋愛初期段階に生まれる男女の感覚のズレ
それはお互いの「好きレベル」の差です。


あなたもご存知の通り、
男性は女性に会って ”すぐ好きになる”
~ことが往々にしてあります。


もっと分かりやすく言えば
”一目惚れ” は圧倒的に男性の方が多い。




そんな”一目ぼれ”は
欧州・北米・中米などの
白人社会においては男女ともに多くて、




女性も男性に一目惚れし、
恋愛初期から女性が男性を追いかける…という
男性にとってありがたい展開も多いのですが


残念なことに、
日本をはじめモンゴロイド系の人種間、
つまりアジアでは
   ↓
女性が「男性を初期段階から追いかける展開」
…は、ごくまれな現象です。




生まれ持った人種的な気質が
そうさせていると思われます。


とにかくこの日本では、
女性のそんな傾向を充分理解した上で
恋愛を攻略してゆくのが勝利のカギです。




この日本においては出会った初期、
男性が女性に
   ↓

◆早い段階で惚れてしまう
◆あるいは一目ぼれして
 追いかける立場に回らざるを得ない


~状況が圧倒的に多いのです。



  ヴィジュアルをさほど重視しないモンゴロイド


日本をはじめアジアモンゴロイド人種間では
●ひと目ボレは男性に圧倒的に多く


北米・中米・欧州では
●男女ともに一目ボレが多く
 しかもそのひとめ惚れの強さ
 男女共に、モンゴロイドよりも高い




その違いが生まれる原因は
医学的には解明されていませんが


◆人種がもった生まれつきの気質

~が最大原因なのは間違いないところで


第二の原因としては
   ↓
◆肉中心の食事がもたらす
 血の濃さ・心身エネルギーの差


~があるのも確実でしょう。


医学的な小難しい話はここまでにして
本題に入ってゆきましょうか。



  恋愛初期での注意点


彼女と出会った初期の注意点は
なんと言っても
男性側が「妄想を抱いてしまいやすい」
…という点に尽きます。


この「妄想」
あらゆる温度差トラブルを作り、
恋愛戦線でのあなたの勝利を妨害します。




ですから、注意して以下を読み進めて下さいね。


まず男性は

「この子かわいい」
「うわぁ、タイプだ」
「スタイルきれいだな」

と感じ、女性を好きになるケースが多い。
早速、恋愛対象に入れてしまうのです。




片や女性は

もちろん好きな外見タイプはあります。
しかし出会ったころは
「かっこいいな」
「いい雰囲気の男性だな」


と思う程度で、
ほとんどの女性はそこで好きになりません
決して惚れません。
   ↑
ココ、要注意ですよ!

何度か会ったり見たりするうちに初めて
「中身も知りたいな」という段階に入る、
しかしその時点でもまだ惚れてなく、
恋愛対象でないケースがほとんどです。

  
日本女性のほとんどがそれに当てはまります、
充分に注意して戦いに臨んで下さいネ。



  妄想を排除して下さい


あなたは出会った初期~中期は特に
妄想の排除につとめて下さい。


妄想はワナの一種であり、
   ↓
●一方的な思い込み
●勘違い


~を産み出します。




「彼女も俺を好きに違いない」

「今日、あの子の化粧は普段より厚かった
 俺を意識してるんだな」

「あ、近くに座った。
 俺にアプローチしてるんだな」

   ↓
~と一方的な思い込みや勘違いを
 しやすくなる。




 ですから出会った初期~中期は
 そのような
「妄想というワナ」にかからないよう
 謙虚になって、自分を律してください。


ここを忘れると痛い目に遭います


鼻息荒い行動、
いわゆるがっついた行動を生み、
”痛い男” になってしまいます。


がっついた行動は彼女にとって
   ↓
●重くて
●時として怖くて
●自分より下の人間
   ↓
~と位置づけされ、
 一度押された烙印は、
 なかなか消してもらえません。




◆美しい女性
◆かわいい女性


~ほど
 男性にこうした烙印を押す傾向が高いです。


なぜなら

●人生で何度もそういう場面に遭遇してきた
●ファンの数がひじょうに多い


という2つの理由からです。


あなたは彼女の
”ファンA、ファンB、ファンC…”
の一人にされないよう
充分に注意して下さい。



  大人の態度で彼女を待ってあげる

「待つ」という行為。
これは”精神的な余裕”が必要なのですが
この「待つ」は恋愛道での
必須事項、もう基本です。


連絡を頻繁に取り合うことが
恋愛を育てる…


もしそんな思考をお持ちでしたら
いま改め、捨ててください。


鳥が卵を根気よく温め、
その卵からヒナがかえるように
あなたは女性の好きタイミングの芽ばえを
根気よく待ってみましょう。




もう辛抱できないからと言って
あなたペースで卵の殻を剥がせば
死んだ鳥のヒナが姿を現すだけです。


死んだ鳥のヒナ=あなたに冷たいヒナ

~です。


元気に鳴くかわいいヒナ
あなたのことを好きになった
かわいいヒナに出会いたいなら


その卵がかえるのを、
あなたはじっくり待ってあげて下さい。


  その間あなたは何をして待つのか?


「待つ」期間中、あなたは
どんな行動をしたら良いか?

以下の行動をとります。

   ↓

◆これまでと同じ態度で接する

◆他の男性・女性に対してと
 同じ態度で接する

◆彼女をぜんぜん特別扱いしない




そう、
これまでと同じルーティンを続け
何の変哲もない態度で

●あいさつをかわし
●話す機会があれば
 普通に微笑んで世間話をする


待ってる期間はそうして
平凡なあなたで居てください。


彼女に「好き感情」が芽生えてないうちは

◆そんな平凡なあなたに安心し
◆身の危険も感じず
◆重くもない


かわいい女性ほど
今まで特別扱いされうんざりしています。



そう、
あなたは一切の失点をせずに
このしんどい期間を通過することが出来る。


そして彼女に
「好き感情」が芽ばえ始めたとき
失点しなかったあなたは
   ↓

余裕で彼女を受け止めることが出来るのです。


失点しなかったという「貯金」
あなたは持っています。




この流れが進むと
彼女はあなたに対して


●「なんて落ち着いた人」

●「私とこの人の間には
  何の問題も起こらなさそう」

●「面倒は起こさない人だな」

●「この人になら気を許せると思う」


~という
 モテる女性特有の感情を持ち始めます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする