死ぬと人はどこへ行くの?

スポンサーリンク




 この世よりも圧倒的に長い死後の世界


こんにちは。
母の死後、とても淋しくて
長く気落ちしていましたが
ようやく再開できるようになりました。


今後とも小鹿のココロライフを
よろしくお願いします。


さて、今回のお話は

人は死んだら一体どこへ行くの?


というお話です。





小鹿はまだ銀行カードローンの残高があり
これを払い終わるまでは死ねないのですが


それを片付けて、
自分の遺体焼却代と簡単な葬儀費用
あわせて30万円ほど貯金できれば
いつ死んでもぜんぜんOKなのです。


このようにクリスチャンの半数ほどは、
この世の自分の命には
さほど執着していません。

  なぜクリスチャンは死ぬことを嫌がらないのか?


その理由は・・
天国に行けるからであり、
しかもその天国での生活は
永遠に続く、永~~いものになるからです。


ハイ d(v_v)
よく新聞テレビで言われてる
日本男性の平均寿命79歳
女性の平均寿命87歳


そんなんとは全く比較にならないほど
死後の生活は永いのですね。


もう何千年、何万年という世界、
いえ、もっと永遠に長いのです。




それだけではありません、
この宇宙を創った天の父とイエス様、
そして聖人たちにも会えます。


クリスチャンの最大の楽しみは
そうやって死後、天国に行き、
いつまでも神様や聖人・天使たちと
暮らせることなのです d(^^*)




  天国へは誰でも行けるの?


ある2つのことさえすれば
あなたも天国へ行けますよ(∩_∩)

1つは・・

イエス・キリストは
あなたのために裏切られ、
暴力を受け、ムチ打たれて苦しみ、


十字架にはりつけにされて
死んで下さったことを
あなたが受け入れること。。




2つめは・・

イエス・キリストは
あなたの友であり、神様であり
救い主であることを受け入れること。。

そう、そのたった2つのことを
受け入れるだけで


天のお父様(イエス様のお父さん)
からあなたは清いものとされ
天国に入れて頂けるのです。


そして天のお父様は
その瞬間から
あなたのお父様にも
なって下さるのですよ!(o^-^o)




  天のお父様ってどんな方なの?


天の父は・・

イエス様とともに

◆宇宙を創り
◆星のひとつひとつを創り
◆動植物を創り
◆時間というものを創り
◆細胞のひとつひとつを創り
◆原子のひとつひとつを創った




そして更に天の父は……

人間の何万倍も公平で
人間の何億倍も優しくて
人間の何兆倍も清い心を持っている方。


人がイエス様を受け入れれば
聖霊(神の霊)をその人に注ぎ込み、


神の子とするために
テストや苦しい試練、
そして数々の祝福と恵みを
与えて下さいます。


それが天の父です。




呼び名は・・

◆天のお父様
◆お父様
◆父
◆天の父
◆御父(みちち)

など大きく分けて5つの呼び方があります。


あなたの好きな呼び方で
親しみを込めて呼んで下さいね。


いかがでしょうか?


小鹿も含めクリスチャンは
この世の人生よりも
死後の果てしなく長い人生のほうを
楽しみにしているんですね。


ご安心ください。
小鹿は罪びとだったんですよ。


誰にも教わるでもなく、
生まれながらの泥棒でした。





小学校へ入る前から
近所のお店へ行っては
お菓子や物を盗むなどの
悪事を繰り返す悪い人間でした。


誰の影響を受けたわけでもない、
自分の意志でお店の物を盗んでいた、
生まれながらの泥棒でした。


子供の頃だけじゃありません、
20歳過ぎても泥棒癖は直りませんでした。
だから弁解の余地もないんです。




そんな私でも
神様は救ってくださった。
だからあなたも安心して下さい。


あなたもあなたの家族も救われます。


そして小鹿は新興宗教などでなく
カトリックという
保守的なキリスト教徒なので


この点についても
ご安心して読み続けて頂ければ
…と思います。



 
あなたもイエス様の家族になりましょう。
もちろん

◆プロテスタント
◆聖公会
◆カトリック


あなたに合うところでいいです、
教会に行ってみませんか?


1ヶ所に決めないで、
何種類か行ってみるのをおススメします。
最終的にあなたのフィーリングに
合う教会が見つかるはずですよ。


宇宙を造る前からあなたは選ばれていた
……を読んでみる d(^ ^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする