彼女が思わず話したくなる質問テク

スポンサーリンク




 話したいモードに乗せる質問とは?


こんばんは小鹿です(∩_∩)

今日は、相手が疲れていたりで
あまり話したくないときでも
スクっと起き上がるような
質問技術をお話します。

  質問テンプレート

◆もし○○さんだったらどうします?


これは小鹿が知りうる限り
相手に積極的に話をさせる
最強のテンプレートです。


彼女の心の奥底など
深みを探ることは出来ませんが
軽い会話になら
何度も使えるお気軽テンプレとして
最強だと思っています。

バイトの△×君がまたまた遅刻してね
どうしよう?
まだ3回目だし、注意するの早いかな?


○○さんならこんな時どうする?


上記のテンプレの優れたところは
以下の3つの利点が生まれること。


◆彼女は話さざるを得なくなる
◆助言をするという優越感に浸る
◆自分が主役になった気分


もし○○さんだったらどうします?


何度も使えますから
これは覚えておきましょうね(^ ^)



  世間話を助長させるあいづち


上述とは別のシチュエーション、
うまく世間話を引き出せたときの
効果あるあいづちのうち方を
お話しますね。(∩ ∩)

◆うんうん、で、どうなったの?
◆それすごいね、難しくなかった?
◆それって、どこで?
◆どんな気持ちだった?
◆へえ~、なぜそうなっちゃうの?


上述は
話にガソリンを注ぐあいづちですし
Yes・Noで終わらずに
更に続きを語らせるあいづち手法。


有能な営業マンが
お客さんの趣味話を聞く気持ちで
身を乗り出して聞きましょう。


それらあいづちを使って
彼女のアドレナリンを放出させ
快感の手助けをして下さい。





こうしたあいづちで
彼女に延々と語らせることで


あなたは何も意見を
言っていないにも関わらず


不思議なことに彼女の心の中では
「話の合うヤツだ」という
面白い現象が起こります(^ ^)。


あなたは自分の意見は一言も
話してないのにです。
いえ、話さなかったから
こうした良い副産物が生まれる訳です。
 

あいづちテクがいかに重要か
お分かり頂けましたでしょうか。


最小の力で大いなる効果を生む
あいづちのテコの原理を使いましょうね。

  彼女が遠慮がちなときのあいづち手法


女性の中には

◆自分の話し方に自信がなかったり
◆相手が聴きたがってないんじゃないか
 と不安だったり


などの理由で
話すことに躊躇する子が
ときどき居ます。


そのときの対処法を説明します。





彼女

昨日は久しぶりに上手くいって・・


あなた

上手くいった?ねえもっと聴かせてよ

ねえ、もっと聴かせてよ


文字通り「私は聴きたい」
体現した言葉ですよね。


話すことに自信なさげな子に対しては
こういった明確な意思表明をして下さい。


これぐらいハッキリ言わないと
不安が払拭できない子に
小鹿もときどき遭遇します。


話下手な女の子でも
やっぱり女性です。
いっぱい話したいんです。


こうした
話すことに慣れていない奥手な子に
どんどん話をさせ聴いてくれるあなたは
もうそこで特別な存在です。





そして彼女は自分の話し方に
自信を持つ。


「あっ、自分は話せるんだ」と
新しい発見をしてくれたあなたに
興味を抱くのも時間の問題でしょう。


今回の記事は
「軽い話題」的な質問手法でしたが
もっとディープな話題にしたいときの
ちょっとした質問テクもあります。

   ↓
女性の深みを探るトーク術
を読んでみる(∩_∩)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする