彼女を中心に会話を進めるモテ話法

スポンサーリンク




 彼女中心=プラス思考


あなたも今まで遭遇したかもですが
これから何かを始めるとき


こんなリアクションされた経験が
なかったでしょうか?


黒い車を買った件

「へえ~、黒い車買ったの?
 夏すごい暑いぜ。
 じゃ夏はクーラーかけっ放し
 じゃないといけないね。」





バイト決定の件 

「あっ、あそこにバイト決まったんだ、
 いそがしいから大変らしいよあそこ。」


アパート引越しの件

「あのアパートに引越し決まったの?
 1階がレストランとコンビニだよね、
 夏は匂い上がってくるだろうし
 虫も上がってくるよ、これから大変かも」




上述3つにピタリ当てはまることはない
と思いますが


あなたがさあこれから新しいことを
スタートしようとしてるとき
そんなマイナス意見を言われたことが
なかったでしょうか?


これ、こちらとしては
気分的にガクっと疲れるんですよね。


相手はあなたをガッカリさせようと
いう気持ちは全くなくて
親切心で言っています。


しかしこちらとしては
もう決まったことで
今さら変えようがないこと、


「注意・忠告」されても
どうしようもないんですよね。

  親切心のウラにある自分の賢さの披露


確かに意識上では
親切心で言っているのです。


しかしそのウラでは
自分の利口さを披露したい
・・という傾向の強い人なのです。


そうした人は常にいつも
欠点さがし・マイナス探しの
生活を送っています。





上記3つのような
すでに決まったことに対して
マイナス点を言われても
聞き手はストレスを得るだけ。


心が疲れる会話です。


この人にはもう
プライベートな話は
あまりしないようにしよう・・
となってしまいます。

  必ずプラス面を探し出す大切さ


では上述3つの話を改善してみます。


黒い車を買った件

「ほほー、黒い車買ったんだ!
 黒って引き締まってて渋いよね。

 あとさ、軽でも普通車でも、
 黒い車ってちょっといかつく見えるし

 ドライバーも気が強い人が多い・・
 って勘違いされやすくて
 一番、煽られにくいらしいよ」


どうでしょうか?
ああ、買ってよかった
と彼女は思うはずです。


バイト決定の件 

「あ、知ってるあそこ。
 仕事たくさんあるって聞くから
 たくさんシフト入れてもらえそう、
 給料いいと思うよきっと。」





とあえていそがしい所なのは伏せて
プラスになりそうな面だけを言います。


アパート引越しの件

「はいはい、1階がコンビニと
 レストランになってるアパートね。
 めっちゃ便利じゃん!

 コンビニは買い物だけじゃなくて
 通販商品の届け先にすればいいし
 夜食買いに行けていいなあ~。

 レストランは常連になれば
 ちょっとサービスしてもらえそう。」


誰だって、1階がお店なら
上に虫が来るぐらい分かってますし
あえてそこに触れず、
プラス面ばかり言いいます。


どんなことでも
何かプラス面はあります。

  自分の知識は聞かれたときだけ言う


もう決まっていて
変えようのないことに対しては
分かっている欠点には目をつむり
プラス面だけを言ってあげましょう。


そして更にプラス思考に導くために

「これから何かあれば
 手伝うから言ってくれよな」






の一言だけで
じゅうぶん温かい思いが伝わりますよ。


今回のまとめ:

会話すべてにおいて、
この男はプラス思考の塊、という
あなたの印象を植え付けて下さい。


マイナスの指摘やアドバイスは
彼女を傷つけ、
相談しにくい人になります。


その逆にプラス思考の男性には
「何か相談してみたい」
という印象を女性に植え付けます。


気軽に出来る良い質問手法を書いています。
   ↓
彼女が思わず話したくなる質問テク
~を読んでみる(^ ^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする