金縛りは放置すると危険?

スポンサーリンク




  金縛りの謎を解きます


日本人の5割が経験するという金縛り、
いえ、日本だけではありません、
世界中で恐れられてる怪現象、金縛り。


これの正体についてお話します。



  金縛りと悪夢は別物

  悪夢は霊現象なの?


悪夢は深い眠りの状態、
  ノンレム睡眠時に見ます。




深い眠りのノンレム睡眠時は

◆脳が休んでいて
体は少し動いてます
◆副交感神経が優位で
 落ち着いた状態です


朝起きてみると、
体が逆方向を向いてたとか
ふとんが乱れていた・・・
というときは


ノンレム睡眠が出来ていて
深く眠れていた証拠です。


悪夢は、心配事を抱えて
著しい不安感のままふとんに入ったり、
ホラー映画を観た夜に見ますが、
もちろん霊現象ではありません。



  じゃあ金縛りが霊現象なの?


いっぽう、金縛りですが
これは浅い眠りの状態、
  レム睡眠時に起こります。





「レム」とは
Rapide Eye Movement
=「目の高速運動」です。


その名のごとく、
眼球が高速で動いています。


レム睡眠時は

◆脳が半分起きていて
体も筋肉も全く動かず
◆交感神経が優位で
 やや緊張した状態です

   体が動かない


そうです、金縛りに遭った人なら
分かるのですが、
目は覚めているのに、体が動かせない。


これが金縛りの特徴なんですね。
そして100%生理現象であり、
霊現象なんかじゃありませんよ(v^ー°)



  金縛りはなぜ怖いのか?


おい、小鹿、
じゃあ金縛りに遭ってるときって
なんであんなに怖いんだよ!


◆体に誰か乗ってるように感じたり
◆誰かの声が聞こえたり
◆幽霊みたいなのを見たり
◆耳元がザワ~ってしたり
◆背筋がゾゾ~ってなったり


これ、霊現象と感じるのも
不思議ではありません(^―^)



  金縛りのとき、何かを見てしまうカラクリ

金縛りが起こる浅い眠り、
レム睡眠時は・・・

脳が起きているのに
体は眠っています。


筋肉が固まっている状況なんですよね。


だから
体の上に何者かが乗っているような
重量感があったり
抱きつかれてるように感じるだけなのです。



そして、ここ大事なのですが
金縛りにかかってるとき、
幽霊のようなものを見たり、
誰かの声が聞こえたりしますよね?


これにはちゃんと理由があるんです。


無意識は、人を眠りに入らせようと
眠りの始まりに夢を見させます。
それが一番自然に
眠りへ誘導しやすいからです。


で、その「夢」なんですが

無意識は、
◆人がふとんに入る直前に見た部屋の光景や
◆その日に見た街の情景
◆道路ですれ違った人


~あなたは覚えてなくても
無意識は全部覚えているんです。




無意識はそれらイメージを
人の脳裏に思い出させます。
そしてそのイメージを夢として利用し、
ゆるやかに眠りに導こうとします。


でもそのさなか、
あなたがパっと目を覚ましてしまった!


レム睡眠中です、
筋肉はまったく動きません。
体が重くて縛り付けられた感覚です。
そして「何かが見える」んです。


それは実は「夢」なんです。
上に書きましたように、

◆人がふとんに入る直前に見た部屋の光景や
◆その日に見た街の人々や情景


このイメージが幽霊に見えたり
人のささやきに聞こえたりするわけです。


  金縛りは放置プレイでOK


抵抗しようとしても
筋肉が眠ってて動きませんから
ムダな抵抗です。


そのまま縛られるままにしましょう。
もう楽しんじゃうくらいで
丁度いいんですよ(^ ^)



ケース1

原因の一番は睡眠障害です。
夜勤従事者が特にかかりやすい。

やはり人間の体は
夜間に眠るように
プログラミングされているんですね。


ケース2

次にかかりやすいのは
海外を飛びまわっている
ビジネスマンやレディ
です。

しょっちゅう時差と戦っていて
体内時計が狂いがちなので
金縛りに遭いやすいんですね。


ケース3

そして激しく筋肉を動かす
スポーツマンもよく金縛りに遭います、
激しい筋肉疲労は
睡眠障害を招くからです。


  ストレスは、さほど関係ない


よく
◆「ストレスで」
◆「精神的なもの」

と言う医者が居ますが、
そんな言葉で逃げる医者は
分かっていないヤブです。


金縛りの原因に
ストレスはあまり関係なく、
あくまでも睡眠障害や筋肉の酷使、
時差の多い生活にさらされている


といった外的要因がほとんどで、
精神的要因はあまりありません。


金縛りに遭ったときは
怖がらず、笑い飛ばしましょうね。


あ、顔の筋肉が動かないから
笑えないか・・(^ ^;)


ホームへ行く

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする